スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘。

大黒柱を失った家庭は、どうなっているか気になります。
失ったとはいっても死んだわけではなく入院中なだけですけど。

家族みんな、心配してくれたのは倒れて入院した数日間だけでした。

入院当初、焦点が合わず見てるもの全てが二重に見えてる間は、
さすがに容態が心配だったそうですが、それが治ってからは、
どうやらあまり心配しなかったようです。

私自信は、不安で不安でどうしようもない時期がありましたけど、
まぁ精神的なことは別にして、
身体的には、日に日に状態は良くなっていきましたから。

入院して数十日は、家族全員で見舞いに来てくれました。
入院してかなり経ち、だんだんと家族の見舞い頻度が減ってくる中、
娘だけは毎日のように仕事おわり等に来てくれました。

感心するほどに。

来ても暇なのに。

あまりにも見舞いにくるため、何人かに私の奥さんに間違われましたが。
間違われるその度に娘はヘコんでました(笑)

私は元々口数が多い方では無いです。
病気の後遺症でうまく喋れないので、さらに口数が減ります。
きっと退屈だったと思います。
退院前、何週間は言語のリハビリを含め、
かなり口数は増えていたと思いますが。

「すぐ暗くなるから早く帰りな」
入院中、私がよく言っていた台詞です。
来てくれて、いつもすごく嬉しかったくせに。

自分の家庭を持っていたら、中々そうはいかなかったでしょうね。

毎日のようにバスに乗って、病院へ見舞いに行くなんて。

それも不摂生をしていたかもしれない父親の見舞いになんて。


スポンサーサイト
プロフィール

卯月 順正

Author : 卯月 順正

全記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。